読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXの「pips」の計算方法

どうも、ヤマトです。

≪pipsって何ですか?≫

FXを取引する上で知っておかねばならない単位、

それが「pips」です。

「pips」とは為替レートが動くときの最小単位で
発音の仕方は「ピップス」または「ピプス」です。

そもそも「pips」は「pip」の複数形で日本語に
直訳するとサイコロの目や点という意味になります。

ですが仮に数値が単数であったとしても
基本的には「pips」で表記されることが多いので
こちらだけ覚えておけば問題はありません。

ちなみにここで言う「最低単位」とは
為替レートが動くときの単位であり
「取引単位」とは異なりますので注意してください。

取引単位・・・lot
変動単位・・・pips


さてこのpipsですが為替情報を提供している人間は
当然のように使いますし、取引する際にも
自分の損益がどれくらいなのかを知るためにも
理解しておかないと支障が出てしまいます。

実際は証券会社が内容を日本円で教えてくれるので
知らなくても取引はできますが、
FXの運用をするのであれば覚えておきましょう。


≪なんでpipsを使うの?≫

そもそもなぜFXではpipsが使われるのでしょうか?

それはFXは世界中の通貨を売買するため単位が
統一されず同じ「100万」でもどこの国の通貨かにより
「100万」の価値が変わってきてしまうからです。

100万ポンド、100万ドル、100万円...

「100cm」と「100kg」が違うように
単位が違えばその内容も異なります。

それらを統一した単位に直したものがpipsです。

pipsを使うことでどの国の通貨を取引しても
一定の価値観で情報のやり取りができます。


≪どうやって見ればいいの?≫

代表的なものを一覧でまとめると、

対JPY → 1pips = 0.01円 (=1銭)
対USD → 1pips = 0.0001ドル
GBP → 1pips = 0.0001ポンド

対AUD → 1pips = 0.0001豪ドル
対NZD → 1pips = 0.0001NZドル
対CHF → 1pips = 0.0001スイスフラン

となります。

※JPYは日本円、USDは米ドル、GBPは英ポンド、
 AUDは豪ドル、」NZDはニュージーランドドル
 CHFはスイスフランのことです。


そしてこれがレートで表示されると例えば米ドル/円は

123.876円と表記され「7」が1pipsにあたります。

つまり123.876円から1pips上がると123.886円になり、

さらに123.886円から10pips上がると123.986円です。


さて、なんとなく分かってきたところで

別の通貨ペアも見てみましょう。

ポンド/米ドルが1.07413ドルとします。

これに12pips足すといくらになるでしょうか?

上記の表より12pips=0.0012ドルであり、

1.07413 + 0.00120 = 1.07530ドル となります。


≪練習問題≫

分かりましたか?

では少し問題を出しますので理解するためにも

答えを隠して自力で計算してみてください!

GBP/JPY

 111.105円 + 152pips = ??

②AUD/JPY

  85.934円 + 1.5pips = ??

③NZD/USD

 0.70163ドル + 72pips = ??

GBP/CHF

 1.24103フラン + 123.4pips = ??


[答え]

①152pips = 1.520円

 111.105 + 1.520 = 112.625円

②1.5pips = 0.015円

 85.934 + 0.015 = 85.949円

③72pips = 0.00720

 0.70163 + 0.00720 = 0.70883ドル

④123.4pips = 0.01234フラン

 1.24103 + 0.01234 = 1.25337フラン

 

≪もっとカンタンに!!≫

レートは基本的に以下の4種類に分けられます。

A:〇〇〇.〇〇〇(例)USD/JPY:113.684

B:〇〇.〇〇〇(例)AUD/JPY:85.281

C:1.〇〇〇〇〇(例)GBP/USD:1.24662
 
D:0.〇〇〇〇〇(例)USD/CHF:0.99582


AとBのように小数点以下が3桁のものは

小数点第2位が1pipsの位置になります。


そしてCとDについては脳内で少し弄りましょう。

どう弄るかというと、

『小数点を2つ右へ』ずらしてしまいます。

1.24662 → 124.662

するとAやBのように小数点以下が3桁の数字に

見えるようになります。

あとはAとBと同じように小数点以下第2位を

1pipsと考えればわざわざ細かく

計算する手間が省けます!

≪練習問題③参照≫

③NZD/USD

 0.70163ドル + 72pips = ??

⇒0.70163を070.163へ変換

⇒70.163の「16」に72pipsを直接合算

⇒70.883

⇒小数点を元に戻すと0.70883


やり方はどちらでもいいのでやりやすいほうを

選んで計算できるようにしましょう!